施設設備紹介

学びの舞台は、木のあたたかみと共に。

生徒の健康や安全を基本に快適性を追求した学びの場を提供し、
多様で効率的な学習活動を実現します。

ラーニングアトリウム

校舎の1階部分の中央に設置されている多目的スペースです。
3階部分まで吹き抜け構造になっていて、学校の「一体感」を作りだしています。太陽光発電、自然換気システムを最大限に利用した空調冷房、そして床暖房も完備。校舎全体のコンセプトでもある木のあたたかみもモチーフにあります。

普通教室

9m×9.5m=85.5㎡という広さは一般的な公立中学校の教室の約1.3倍。多様な学習活動を支える充分な広さがあります。木をふんだんに使った、温かい雰囲気が特徴です。

理科室

化学・物理分野の授業・実験に使用する「理科室1」と、生物・地学分野の観察授業・実験を中心とした「理科室2」があり、多様な形の授業に用いられます。

パソコンルーム

図書室と共に「メディアセンター」の一角を成す施設です。およそ40台のPCは、生徒一人一人の調べ学習や、情報委員会の活動など、日々の学習活動に活用されています。

音楽室

合唱や吹奏楽の練習が効果的に行なえるように、音楽教室後方にはピアノを備えた練習室が2部屋設置されています。

保健室・生徒相談室

広々として、たっぷりの日差しがそそぎこむ保健室はケガをした時にもすぐ対応できるようになっています。また、隣接する生徒相談室では、カウンセラーの先生に相談をすることができます。

図書室

メディアセンターを支えるもう一つは図書室。生徒の読書活動が豊かになるように、読書案内などを通じて国語科の教員や図書委員がサポートします。

技術室・家庭科室

座学だけにとどまらない、「実学」としての実技系教科も大切にしたいという私たちからのメッセージが込められている施設です。

生徒ラウンジ

明るく開放的な生徒ラウンジは、2階から4階の各階にあり、休み時間や放課後の生徒同士、あるいは教師と生徒の交流の場として活用されています。

屋上庭園

ラーニング・アトリウムの真上に位置する屋上庭園は芝生を敷き詰めてあります。また、植物の観察なども行えるようになっていて、環境教育にも一役買っています。

AED(自動体外除細動器)設置

早期の使用が鍵となるこのAEDを本校で設置することにより我々生徒・教職員共々が安心して学校生活を送っていけるよう致しました。