進路学習

特別演習(課外授業) ※高校から

特別演習(課外授業)は希望制で、各自が必要に応じた選択をし、受講するシステムになっています。

早朝特別演習(7:30~8:15)

3年:国語・数学・英語と選択科目の問題演習
1.2年:国語・数学・英語の問題演習

放課後特別演習(月~水・金:16:50~18:20)

3年:文系:国語・数学・英語の問題演習
   :理系:英語・数学・理科の問題演習

夏期特別演習/冬期特別演習/春期特別演習

習熟度別授業 ※高校から

数学では、習熟度別に3グループに分け授業を行っています。基礎部分は全クラス共通で実施、問題演習は難易度の異なる問題を取り扱うなど、きめ細かな学習指導です。

進路学習(キャリア教育)

1年時:
学部学科研究(学問研究)
各種上級学校のオープンキャンパス研修
修学旅行の内容に、キャリア教育の観点を加味した研修を開講
様々なキャリア教育をベースに2年時での文理選択へと連携
2年時:
大学院生の講話
(学部毎に20名程度の大学生や大学院生の卒業生を講師に、大学や大学院での学問探究の楽しさや難しさなど経験に基づく講話を開講)
3年時:
これまでの総合学習を中心として構築してきたキャリア教育の集大成として、進路実現へのマッピングを具現化していく。
学部学科選択、国公私立大学 推薦入試、AO入試、一般入試、センター試験等々
多様化する入試制度への対応を視野に入れたきめ細やかな指導。
大学生・大学院生の話「ようこそ先輩」
職業研究「キャリアトーク」

現在大学や大学院で学んでいる卒業生を招き、志望理由や学部・学科、取り組んでいる研究についてなどの話を聞いています。また、様々な分野で活躍される社会人の方から貴重な経験を伺い、職業観を養う機会としています。どちらの取り組みも学付生の受験や進路選択において意識を高める研修の場となっています。

新・大学入試対策

主体的にかつ協働的な学びを通して、知識だけでなく、推測力・分析力・判断力・表現力を総合的に学修し、課題発見・解決能力を高めるとともに、「大学入学共通テスト」に向けた対策をスタートさせています。また、生徒の在学中の“歩み”やその“振り返り”を「e-ポートフォリオ」として構築し始めるなど、新たな一歩を踏み出しています。